ワンポイントレッスン♪【滑舌を良くするトレーニング】

こんにちは。教室代表の浅井です。

 

「発声練習では上手く出るのに、歌詞をつけると上手く歌えない!」という方って多いですよね。
その解決法として、今日は「滑舌良くするトレーニング」を書いていきたいと思います。

よく「舌っ足らず」の方っていらっしゃいますよね?

「舌っ足らず」とは、舌が足りないのではなく、実は舌が前に飛び出しすぎているのです。
「さしすせそ」って早く3回言えますか?

言いにくいなあ…と思われる方は鏡を見て、もう一度言ってみてください。
舌が歯の間から、チラチラっと飛び出てくると思います。
それが、「舌が前に出すぎ」という現象です。

では、次に歯を噛みしめ、イ―の口で同じように「さしすせそ」と3回言ってみてください。
さあ、どうでしょう!
さっきよりスムーズに言いやすくなっていませんか!?

「かきくけこ」「たちつてと」も、しゃべりにくい方が多いかと思います。
「自分で滑舌が悪い」と思っている方は、舌を少しだけ中にしまってみてくださいね。
少ししゃべりやすくなると思いますよ。

「ドミソミド」に合わせて「かきくけこ」と、音階をつけてしゃべる練習をすると効果的です。
江戸っ子みたいに、「ひ」を「し」と言ってしまう方も、舌を中にしまいましょう。
あくまでも舌に余計に力が入らないように、注意してくださいね。

実際のレッスンでは、歌詞の発音が上手くいかない部分には、一つずつ細かくレッスンしていきます。
どうぞ、お困りの方はご相談ください♪♪♪

 

 

 

 

 

  1. 忘年会・新年会☆カラオケで上手く歌える3つの方法

  2. 声が良く出るようになるための 【ボディコンディショニング講座…

  3. ワンポイントレッスン♪あなたの声のタイプは?

  4. 喉の筋トレ【歌うとき喉を使ってはいけないの?】

  5. レコードがたくさん重なっています。

    高い声がよく出る口の正しい開け方とは?

  6. 女の子がヘッドホンをして、マイクを持って歌っています。

    音痴でもカラオケで上手く歌えるようになる方法は?

ボイストレーナー 浅井 のぞみ

ブログ

浅井のぞみのYoutube動画へリンクです。
PAGE TOP