音痴でもカラオケで上手く歌えるようになる方法は?

女の子がヘッドホンをして、マイクを持って歌っています。

マイクを持っている女性 最速で声を変えたいなら、マッサージと舌骨発声ボイストレーニング
アンヴォーカルスクールの浅井のぞみです。

「歌が苦手という方」「高い音が出ない」「歌える曲がない」と困っている方、
そんなあなたでも、今すぐ歌える方法をお伝えします!

1.カラオケのキーを調節する

女性は女性の曲を選ぶこと

「私は声が低いから」と女性なのに、男性の曲をそのままのキーで歌ってしまうことはありませんか?

低いので楽に歌えると思いがちですが、男性アーティストの曲は、男性の声に合わせて作られた曲です。

上手く聴かせるには実はハードルが高いです!
また、高いところは出ても低い音域で声が出ないこともあります。

女性は、女性アーティストの曲でキーを2つか3つくらい下げれば、たいていの曲は歌えますから大丈夫ですよ!

 

歌が苦手な方は、新しいものより1990年~2010年くらいの曲のほうがテンポもゆっくりと音域も高くないので、歌いやすいと思います。

実際のレッスンで初心者の方によく練習してもらうような曲を、あげておきますね。
・綾香「三日月」
・一青窈「ハナミヅキ」
・AI「Story」
・中島美嘉「ORION」
・初音ミク「桜ノ雨」

高い声が出ない男性は、3~5つキーを下げて(ー♭)歌う

男性で声が低い方は、原キーを流したまま、実際は1オクターブ下で歌ってしまう方が意外と多いです!

本人気づいてないことも結構ありますが、原キーにこだわらず、思い切って3つくらい下げてしまいましょう。

そのほうが声が出しやすくなり、慣れてくれば音程も合ってきます。

歌に自信のない方でも、歌いやすい曲とキーをいくつ下げたらいいかをあげておきますね。
・福山雅治「家族になろうよ」(ー1かー2)
・星野源「SUN」(-1からー3)
・サザンオールスターズ「TSUNAMI」(-2)
・EXILE「道」(キーはー2からー4)
・奥田民夫「風は西から」(-1かー2)

 

★男性でも女性の曲を歌いたい

元々声の高い男性の場合はキーを少し下げるくらいで女性の曲を歌うことはできると思います。

声の低めの男性の場合はどうしたらいいでしょう?

女性の曲を歌いたい場合は「キーを低くするのではなく、上げてしまったほうがいい」です!

なぜなら、大抵の場合そこから1オクターブ下げて歌ってしまうから、低すぎになってしまうのです。

3つ~4つくらい上げると、ちょうどいい高さになると思います。
(意味が分からない方は、スルーしてしまってください!)

 

2高い音を出せるようにするには?

「そろそろ高い音が出てくるぞ!」と思って、ついつい力んではいませんか?
お腹に力をグッと入れて、口を大きく開いて・・・

高い音は、力むより余計な力を抜くことが大事です。
やみくもにお腹に力を入れてもダメ。
のどの詰まりや、息が苦しくなります。

手っ取り早く、高い音を楽に出すには、
「高い音を出す前の音を小さくする!」
これが一番簡単な方法です!

それでもなかなか出にくいという場合には、
「高い音を細い声にする」ようにしてみてください。
すると、地声に裏声が混じったいい響きの、ミックスボイスになりやすいです。

細い声のイメージは、叫んだり力で出すのではなく「優しく出す」イメージです。
きっといつもより楽に歌えますよ!

3.カラオケの練習方法とは?

ここまでは、なるべく手っ取り早くうまく歌える方法を書きましたが、
「カラオケに行く前に練習したいけど、どうやってどうすればいいの?」
という疑問にお答えしたいと思います。

練習には、こちらのジョイサウンドのカラオケアプリがおすすめです!
https://www.joysound.com/web/s/mobile

スマホなのにカラオケボックスで歌ってるかのように練習ができてしまうんです。
先ほどのカラオケのキーの調節も、自由自在。

あと、テンポも自由に変えられます!!
まだ覚えたての曲は、音程も声も不安定になりがちです。
かっこよく歌いこなすためには、10%~20%テンポを落とした状態で練習をすることをお勧めします。

メロディのあやふやなところは、しっかりガイドメロディを聞きながら何度かゆっくり歌ってみてください。
慣れたらもう一度早く歌います。

カラオケに行く前日にやるだけでも、全然上手に歌えるようになると思いますので、ぜひお試しください♪
ボイストレーニングしている女性が2人います。体験レッスン受付中

  1. 簡単にできる!声帯閉鎖の練習方法

  2. 「久しぶりのカラオケで声が出ない!」という方のための練習方法…

  3. 【Youtube】小6女の子 発声練習&『新時代』レッスン

  4. ワンポイントレッスン♪【あごの脱力・口を楽に開く】

  5. 【最新版】歌における「喉を開く」とは?

  6. Piano and Vocal Concert 2015 終…

ボイストレーナー 浅井 のぞみ

ブログ

浅井のぞみのYoutube動画へリンクです。
PAGE TOP