ボイトレの先にあるものは?

アンヴォーカル・ピアノスクールの浅井です。

今回は、ボイトレで声が出したい声が出るようになったら、
どんな世界が見えるのだろう、
次は何を目指したらいいのだろう、ということについて、お話させていただきます。

ボイトレをまだ受けたことのない方でも、参考になる内容ですので、是非読んでみてくださいね。

ボイトレのゴールってあるの?

あなたにとって、ボイトレのゴールは何だと思いますか?
ある人は、ずっと歌いたかった曲が歌えるようになること。
ある人は、原曲キーで歌えるようになること。
ある人は、ミックスボイスで歌えるようになること。
ある人は、地声の響きのまま(ベルティングボイス)で歌えるようになること。
ある人は、きれいな声で歌えるようになること。

今通っている生徒さんも、それぞれのゴールを目指して頑張っています。
いずれも、自分の出したい声が出せるようになるということが、共通して言えることですね。

出したい声が出せるようになった、ということでレッスンを卒業する方もいますが、本当はそれで終わりじゃなくて、その先に本当の歌の面白さがあると思っています。

自分の気持ちを声で表現する

色んな声の出し方を学ぶのも、音域を広げるのも、テクニックを身につけることも、歌で表現できる幅を広げるためだと考えています。
声が思い切り出せることによって、自分の気持ちを歌で表現しやすくなりますよね。
声がスムーズに出ると、気持ちを込めることに集中できますので、そのためにも発声のコントロールができている方がいいですね。

歌手の完コピがしたい?

自分の憧れの歌手の歌い方を完コピすることは、テクニックを学ぶためにはとてもいい勉強になります。

しかし、完コピにこだわりすぎるのは、どうかなと思います。
ここはしゃくらないといけない。
ここはミックスボイスで出さないといけない。
ここは裏声で歌わないといけない。

「元の歌手の歌い方が正解で、それ以外は不正解」という風に、それにとらわれすぎると、歌うことが辛くなったり、窮屈になったりすることもあります。

元の歌手のように歌えない自分は下手だと、自信をなくしてしまうかもしれません。
反対に、好き勝手に歌いすぎると、聴く側が置いていかれるような、しらける音楽になってしまうこともあります。

そのため、どこで境界線を引くかは、難しいところですが、その人その人の声や歌い方の良さが出てるかどうかが大事かなと思います。。

なので、私のレッスンでは
「ここは完コピした方がテクニックが身についていいね」
「ここはこの歌手の真似をするほうが歌いやすいよ」と言うこともあります。

元の歌手が裏声っぽく歌ってたとしても、「地声の方がその人の良さが出るな」と思ったら、それを提案します。

気持ちを込めて歌うこと

みなさんは、普段自分の気持ちを発散したり、口に出したりすることはできていますか?

普段は、仕事で失敗することのないように頑張っている人
人のために期待に応えようと頑張っている人も多いと思います。

頑張っている方ほど、自分の中にある悲しみや寂しさ、なるべくネガティブな感情を感じないようにしがちです。
でも、そういったネガティブな感情は、吐き出さないと、どんどん心に溜まっていくんだそうです。

感情を歌にのせて出すことは、自分の感情を自分で受け止めることになるので、心を癒やすことができます。
逆に、気持ちが沈んだ時に、ポジティブな曲を歌うことで、気持ちの切り替えができることもありますね。

心温まる歌詞の曲を歌うことで、自分の中にある優しさや愛情を引き出します。

元気な曲を歌うことで、元気が湧いたり、自分の中にある情熱を呼び覚ましてくれるかもしれません。
そうやって、自分の気持ちを歌で伝えていくことを意識していくと、あなただけの歌い方や個性が出てきます。

このように、自分の心と音楽がつながることが、音楽の本当の楽しさなんじゃないかなと思っています。
また、自分の心を素直に表現した歌は、聴く側の心に響きますね。

「発声やテクニックがただ身につけばいい」では終わらずに、個性を表現できる歌を目指していきたい。

そうやって16年間、ボイトレのレッスンをしている、今日この頃です!

実際にレッスンを受けてみたいと思った方は、まずは体験レッスンにお越しください。
ボイストレーニングしている女性が2人います。体験レッスン受付中

  1. 自分の声が嫌い。でも・・・

  2. 簡単にできる!声帯閉鎖の練習方法

  3. 2月15日(日) ジョイントライブ『歌祭』開催のお知らせ

  4. ボイトレで声がなかなか変わらない!どうすればいい?

  5. 2018/1.8(月・祝)主催ライブ開催します!

  6. 話してて声が通らない、よく聞き返されるという方へ

ボイストレーナー 浅井 のぞみ

ブログ

浅井のぞみのYoutube動画へリンクです。
PAGE TOP