「歌うと声が出ない」の原因は、「舌」かも知れない!

ボイストレーナーの浅井のぞみです。
おかげさまで、最近、新規にご入会される方が増えていまして、レッスンで忙しく久しぶりの投稿になってしまいました。

初めてレッスンに来られる方の中には、こんな方も多くいらっしゃいます。
「他のスクールに〇年通っていましたー!」
「声は大きい方なんだけど歌は苦手なんです」
「キーの高い曲がなかなか歌えるようにならない!」

これまでにも、スクールやカラオケで頑張って練習していた。
でも、思うように歌えない・・・
はっきりとした原因がわからない。

一生懸命練習しているのに、声が変わらないとモヤモヤしてしまいますよね。

何か練習方法に問題があるのでしょうか?

こちらの動画でも解説していますので、ご覧ください。

 

一般的な発声練習に潜む問題

一般的な歌のレッスンの方法は、このような流れが多いですよね。

①発声練習
→声の響きをよくする、音域を広げるため、声の音色を変えるため
②曲の歌い方の練習
→音程、リズム、しゃくり、ビブラート、フェイクなど

①から②の曲の練習に入ったとき、発声練習の時と同じらい歌声が出ていますか?
発声練習と同じ音域まで出ますか?

多くの方は、ここでNO!という答えが、返ってくるのではないかと思います。

「発声ではいい声が出るのに、歌になるとそれが生かせない」 「歌になると喉が苦しくなる」と、困っている方とても多いです。

発声練習で出した声がその人の真の実力だとすると、歌ではその50~70%の力しか出せないという方も多いと思います。
歌いこんでいけば少しずつパーセンテージは上がっていきますが、どうしたら効率よく、100%に近い声が出せるようになるでしょうか?

私も20年歌をやってきて、7名の声楽科やボイストレーナーの先生に教わってきましたが、ずーっとそこで苦しんでいました。
ボイストレーナーになって10年以上経ち、解剖学や音声学や言語聴覚など、色んな資料を調べ続けて、やっと原因を発見しました!!

そう、「舌」が問題です!

発声の時には主に母音を意識するので、舌はあんまり激しくは動きません。
でも、歌詞をしゃべる(言葉を発音する)と、舌が激しく動きそれによって舌骨も一緒に動いてしまいます。

舌骨が上にあがると、「喉頭蓋」という喉を開くのに大切な蓋が閉じます。
そうすると喉が詰まった感覚になり喉が苦しくなったり、声が響きにくくなります。
舌が動く
 ↓
舌骨や喉仏も動く
 ↓
喉頭蓋も動く(倒れやすくなる)
 ↓
喉が締まった感覚がしたり、声の響きが悪くなる

「発声練習だと声が出るのに、歌になると同じような声が出ない」ということを解決するのは、舌のコントロールです!!

「舌骨を下げたまま、舌を動かす」
これを是非習得しましょう!!

舌骨が上がりにくい舌のポジションを覚えて、その位置で歌詞を発音できるように練習していくと、歌詞をつけても崩れない声になります!

 

まずは「舌骨を前下方へ動かす」ことが大切

  • まずは、下記のイラストを参考に、舌骨を探し当ててください。
    あごと喉仏の間にある細い骨です。

    (中には、喉仏とくっついてしまっている方、顎の中に埋もれてしまっている方もいるかもしれません。顎周りの筋肉をマッサーで柔らかくしてから探してみてください。)
  • 舌骨を触りながら、ストローを吸うように息を吸います。
    舌骨が前の下方向へ動いたのがわかりましたか?
  • 次は、舌を思い切りべーと前に出してください。
    そのとき、舌骨は上にあがりませんでしたか?
    そう、舌を前に移動すると舌骨は上がるのです。→喉が詰まる
  • 再びストローを吸うように息を吸って、舌を少し後ろに移動させましょう。
    次に、舌の両脇を上の奥歯にくっつけるようにして、イーと発音してください。

    さあ、その時の舌骨は前下方へわずかに移動しませんでしたか?
    →これが「舌を上げて、喉が開くこと」
    ができている状態です。

つまり、舌が少し後ろへ移動し、舌が上がっている状態だと、舌骨が前下方にいき、共鳴腔(響きのスペース)が広くなります。
⇒これが
「喉が開いたフォーム」ということです。

反対に、口を大きく開け、舌を下げた場合の画像です。
喉仏と舌骨が後ろへ引っ張られ、共鳴腔が狭くなります。

口の中の広さと共鳴腔の広さはイコールではないということがわかりますね。
口の中はあくまで、アイウエオなどの発音を変えるところであり、声の大きさとはほとんど関係ありません。

共鳴腔の広さを保ちながら発音する舌の位置を覚えていくことが大切です!
え、そんなことできるの・・・?
舌のポジショニング・トレーニングをしていけば、きっとできるようになります!

👉関連ブログ
『喉が楽!地声で高音も出る!こもる声の解決法』

歌が下手な人は、舌に問題がある!

→このブログを書いた浅井のぞみのレッスンを受けてみたいという方はこちら

  1. 外国人男性がステージで歌っています。

    「高音で喉が詰まる」時の解決法とは?

  2. 歌が劇的に変わる!「発音練習法」~日本語母音編

  3. 「高い声が出ない」原因とは?

  4. 裏声が出ない人の練習方法【音声解説つき】

  5. 「久しぶりのカラオケで声が出ない!」という方のための練習方法…

  6. レコードがたくさん重なっています。

    高い声がよく出る口の正しい開け方とは?

ボイストレーナー 浅井 のぞみ

ブログ

浅井のぞみのYoutube動画へリンクです。
PAGE TOP